無視出来ないISMSの取得

団体や企業はこのプライバシーマークをつけている事がステータスとされ、消費者にたいしアピールする事で自社のブランディング価値を上げることに繋がりました。けれども、ITの発達によって、便利なイメージを得た事と合わせて個人情報の漏洩などがめだつようになって、その取り扱いがずっと慎重になる事が要求されるようになりました。

 

そこで通商産業省は、個人情報保護に関連するガイドラインを改正しました。更に、それに対し、EU諸国では個人情報の保護に関連をする意識はずいぶん高くありました。

 

旧来日本ではプライバシーや個人情報の保護に関しての法的の規制や制度の確立はされてませんでした。そこで日本企業とか団体が個人情報をどのレベルにまで上げれば感じが好いのかという目安を定めたのデス。

 

けれど、目安のみでは改善させるに十分なレベルに達することはし辛いだろうという判断のもと、第三者の立場で個人情報の取り扱いが適切なものであると認定し、ロゴマークで示せるみたいにプライバシーマーク制度を創設しました。世界的にも先導的に取くんでいましたが、EUに拠点を置く日本企業とか団体は日本のの管理レベルを危惧して、現地の従業員の情報などを日本の本社に送れないという状態になっていました。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ